【介護ベッド用手すりの事故で改めて注意喚起】

介護ベッド用の手すりをめぐる事故が後を絶たないことから、消費者庁は、ホームページで改めて事故防止の注意喚起を行った。介護施設や病院などで使用している手すりが、2009年以前の旧JIS規格品であれば、新規格品に取り換えるよう呼び掛けている。

消費者庁によると、手すりとヘッドボード(頭側のついたて)のすき間にベッドの利用者の首が挟まったり、手すり自体のすき間に頭や腕が入り込んだりして、死亡や重傷に至った事故が多数報告されている。

 

フォローお願いします!

お問い合わせ

この度はお問い合わせありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA