【総務省 80歳以上1,000万人超す】

高齢者人口3,384万人 高齢化率26.7%

総務省統計局は9月20日、敬老の日を迎えるに当たって、高齢者の人口推計など「統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)」について発表した。

これによると高齢者人口は3,384万人。日本の総人口の26.7%で、前年から89万人、0.8ポイント増加し、人口、人口割合ともに過去最高を記録した。年齢別では70歳以上が2,415万人(総人口の19.0%)、75歳以上は1637万人(同12.9%)。

また、80歳以上の人口は1,002万人となり、初めて1,000万人の大台に乗った。85歳以上は501万人(同3.9%)、90歳以上は184万人(同1.1%)、95歳以上は46万人(同0.4%)、100歳以上は6万人(同0.0%)だった。男性高齢者は1,462万人(男性人口の23.7%)、女性は1,921万人(女性人口の29.5%)。10年前に比べて総人口は94万人減っているが、高齢者は808万人増えている。

高齢化率、40年には36.1%に

高齢者の人口割合は1950年から毎年上昇しており、85年に10%、2005年に20%を超え、今後も高齢者人口は増えると見られており、25年には30%を超え、71年~74年の第二次ベビーブーム期に生まれた世代が65歳以上となる40年には、36.1%になる見込み。

フォローお願いします!

お問い合わせ

この度はお問い合わせありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA