さくら開花しました

スマイルリハ訪問看護ステーション松戸市の常盤平さくら通り沿いにあるので、この時季の通勤はさくらのアーチをくぐり抜けてなんだか朝から幸せな気分になります。

最近はブログの更新が疎かになっていました…ホームページをリニューアルしてから、ブログアップするのにやる作業が増えて、つい書くのが億劫になっていました。いっそアメブロ使おうか悩んでいます。

さて、話は変わりスマイルケアブリッジの事を少しでも知ってもらうため社内の事を少し。

4月は会社の決算月で5月から9期目となりますが、創業メンバーと会社をスタートさせていく中でこれだけは絶対に守ろうと決めた、創業から一貫した掟があります。

それはお互いが尊重できる職場環境を作ること。職場の雰囲気を何より大切にすること。スタッフ間でのいざこざは絶対許さない。具体的には離職率0、終身雇用を考えていました。(ちなみに創業メンバーとは現在の副社長、松戸所長です)

仕事をしていると、ときに理不尽な事を言われたり、避難される事があります。お互い悪気はなくともちょっとしたすれ違いでギクシャクしたり、そういった中で仕事をする事は何よりストレスになりますから、そういった環境だけは作りたくなかった。逆に環境が良く、結束が強い事業所が作れれば事業は半分成功したようなものだと思っていました。

ならばどういった姿勢でスタッフは仕事に取り組めば良いのか、それは常に「お互い感謝して尊重」する事です。お互いには自分の事も含みます。

相手には感謝する気持ちを持つことってかなり重要だと思っています。創業してから今でもたまにミーティングでこのことを皆に伝えます。しつこいですが何度も皆がいるから会社が存続している事、スタッフ間で感謝の気持ちを忘れないよう伝えています。現在、職員数は60名を超えて一人ひとりとじっくり話す機会は減っていますが、それだけは一貫して皆に伝えていきます。いつか自然とそういった感謝の気持ちが浸透していけばいいなと思って伝えています。

フォローお願いします!

お問い合わせ

この度はお問い合わせありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA