どうなる??ケアプラン有料化

WEB&ワード用JPG厚生労働省は2018年度の次回介護保険制度の見直しに向けて、居宅介護支援、つまりケアマネジメントでも利用者から自己負担を徴収する検討を進めていると報じました。居宅介護支援だけでも約4022億円(2014年度)の費用がかかっているため、その1割の402億円の出費を抑制ができるとしています。
また、増大する介護保険費用の抑制につなげるための施策の一環という理由も上げています。

この論議は4年前の2011年にも行われましたが今回はどうなるんでしょうね・・

フォローお願いします!

お問い合わせ

この度はお問い合わせありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA