ケアマネの指導権限、都道府県から市町村への移譲を検討

WEB&ワード用JPG厚生労働省は次の介護保険制度の改正に向けて、現行で都道府県が持っているケアマネジャーに対する指導の権限を、市町村へ移譲することを検討していく。23日に開催した社会保障審議会・介護保険部会で提案し、大筋で了承を得た。「市町村の事務負担に十分配慮する」としており、これから無理のない手法を考えていく方針。

フォローお願いします!

お問い合わせ

この度はお問い合わせありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA