介護事業者の倒産、9月までで過去最多を更新

WEB&ワード用JPG東京商工リサーチが7日に公表したレポートでは、今年1月から9月までの介護サービス事業者の倒産が77件にのぼったと報告されている。介護保険制度がスタートしてから最も多かった昨年(76件)を、すでに1件上回っているという。介護報酬の大幅な引き下げや慢性的な人手不足、競争の激化などが背景とみられる。

規模が小さく経験の浅い事業者の倒産が目立ち、内訳をみると、従業員が5人未満のところが68.8%となっている。約7割が負債5,000万円未満。46.7%は設立から5年以内だった。業種別では、「通所・短期入所」と「訪問介護」がそれぞれ32件。この2つで全体の83.1%を占めている。

フォローお願いします!

お問い合わせ

この度はお問い合わせありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA