席をゆずり隊 隊長にまさかの事態

yjimage

席をゆずり隊 隊長にまさかの事態。

平成27年11月3日午後3時前後、席をゆずり隊 隊長が日比谷線電車内でまさかの事態に見舞われた。

疲れ切った子どもが寝てしまい抱っこして乗車中、とある女性に席を譲ってもらったとのこと。こともあろうに席を譲る活動をしている隊長がとの思いから、本人にその時の気持ちを聞いてみた。

M :”その時はどんな気持ちでしたか?”

隊長:”その女性が女神に見えましたね。1時間近く抱っこしていたもので両手も限界でした。”

M :”ゆずる側の立場の方が席をゆずられて罪悪感は?”

隊長:”今回ゆずられる側の方の気持ちがわかりました。また普段ゆずる活動をしていて、断られることも多いんですね。その時やっぱりちょっと凹むんですよね。なので断るという選択肢はなかったですね。”

M :”今期の活動が7戦5勝(ゆずった数)とのことですが、最後に何か”

隊長:”そうですね、ゆずった人がゆずられて、ゆずられた人がゆずって、そういう世の中になればもっと気持ち良いと思うんで、今後もこの活動を継続していけたらと思っています。

M :”どうもありがとうございました。”

隊長:”ありがとうございました。”

フォローお願いします!

お問い合わせ

この度はお問い合わせありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA