次期改定で療法士による訪問看護に規制!?

昨日行われた第142回社会保障審議会介護給付費分科会で、療法士による訪問看護についての厳しい指摘があった模様。訪問看護ステーションで働く療法士が激増し訪問リハビリ件数が増えている現状、また療法士の多いステーションほど、要支援者に対するリハビリ件数が多いとの内容となっております。次期改定で何かしらの規制が入ることが予想されます。

第142回社会保障審議会介護給付費分科会

フォローお願いします!

お問い合わせ

この度はお問い合わせありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA